【なりたくない病気・認知症】▶「認知症、今後の課題5つとは?」

認知症
認知症、今後の課題5つとは?
以下の文章は、厚生労働省サイト>介護·高齢者福社 > 認知症施策、家族の介護と健康を支える学研の情報サイトなどを参考にしています。

認知症は、記憶や判断力などの認知機能が低下する病気です。

認知症は、本人家族だけでなく、社会全体にも影響を与える重要な問題です。

今日は、認知症の今後の課題を5つご紹介します。

 

  1. 認知症によって起こる社会的な課題には、以下のようなものがあります
    1.  ①行方不明者の増加:
      1. 認知症の人は、自分のいる場所がわからなくなって徘徊することがあります
      2. 行方不明になったり、事故に巻き込まれたりすることがあります
    2. ②孤独死の増加:
      1. 認知症の人は、家族や地域との交流が減って孤立することがあります
      2. 誰にも気づかれないまま亡くなってしまうことがあります
    3. ③高齢者虐待:
      1. 認知症の人の介護は、大きな負担やストレスになることがあります
      2. 介護者が認知症の人に暴力やネグレクトなどの虐待をすることがあります
    4. ④消費者被害:
      1. 認知症の人は、判断力や理解力が低下します
      2. 悪徳な訪問販売や詐欺などによる消費者被害に遭うことがあります
    5. ⑤事故∶
      1. 認知症の人は、車の運転や交通ルールの遵守などに問題が生じることがあります
      2. 自分や他人に危害を及ぼすことがあります
  2. 課題を解決するためには、認知症の人や家族に対する支援や理解が必要
    1. 地域包括支援センター
      1. 認知症の人や家族が相談できる窓口として、介護や医療などのサービスを提供しています
    2. 認知症サポーター
      1. 認知症の人や家族に寄り添い、見守りや交流などの活動を行っています
  3. 以下のようなものがあります
    1. a.自宅で受けられるサービス:
      1. 訪問介護や訪問看護、居宅介護支援などがあります
      2. これらは、認知症の人の日常生活を支援するサービスです
    2. b.通所サービス:
      1. デイサービスやデイケアなどがあります
      2. これらは、認知症の人が外出して、機能訓練やレクリエーションなどを行うサービスです
    3. c.施設で暮らすサービス:
      1. グループホームや介護付き有料老人ホームなどがあります
      2. 認知症の人が安全に暮らせる環境を提供するサービスです
    4. d.これらのサービスを受けるには、それぞれの制度の申請や認定が必要です。

認知症によって起こる社会的な課題には、以下のようなものがあります

 ①行方不明者の増加:

認知症の人は、自分のいる場所がわからなくなって徘徊することがあります

行方不明になったり、事故に巻き込まれたりすることがあります

 

②孤独死の増加:

認知症の人は、家族や地域との交流が減って孤立することがあります

誰にも気づかれないまま亡くなってしまうことがあります

 

③高齢者虐待:

認知症の人の介護は、大きな負担やストレスになることがあります

介護者が認知症の人に暴力やネグレクトなどの虐待をすることがあります

 

④消費者被害:

認知症の人は、判断力や理解力が低下します

悪徳な訪問販売や詐欺などによる消費者被害に遭うことがあります

 

⑤事故∶

認知症の人は、車の運転や交通ルールの遵守などに問題が生じることがあります

自分や他人に危害を及ぼすことがあります

 

課題を解決するためには、認知症の人や家族に対する支援や理解が必要

地域包括支援センター

認知症の人や家族が相談できる窓口として、介護や医療などのサービスを提供しています

 

認知症サポーター

認知症の人や家族に寄り添い、見守りや交流などの活動を行っています

 


認知症の人は、介護保険障害者総合支援法などの制度を利用して、さまざまなサービスを受けることができます▼

▼介護保険については、私のサイトを参考にしてください▼


障害者総合支援法は、障害のある人が基本的人権のある個人としての尊厳にふさわしい日常生活や社会生活を営むことができるように、必要となる福祉サービスに関わる給付・地域生活支援事業やそのほかの支援を総合的におこなうことを定めた法律です。

以下のようなものがあります

a.自宅で受けられるサービス:

訪問介護や訪問看護、居宅介護支援などがあります

これらは、認知症の人の日常生活を支援するサービスです

 

b.通所サービス:

デイサービスやデイケアなどがあります

これらは、認知症の人が外出して、機能訓練やレクリエーションなどを行うサービスです

 

c.施設で暮らすサービス:

グループホームや介護付き有料老人ホームなどがあります

認知症の人が安全に暮らせる環境を提供するサービスです

 

d.これらのサービスを受けるには、それぞれの制度の申請や認定が必要です。

 

詳しくは、地域包括支援センター市区町村の福祉窓口に相談してみてください。


認知症は、私たち一人ひとりが関わる問題です。

認知症の人に対する理解寄り添いが大切です。

認知症の人の症状や感情に合わせて、優しく話しかけたり、

安心させたり、共感したりすることが必要です。

認知症の人が希望を持って暮らせる社会を目指しましょう。

私達の未来のためにもですね。

 

投稿数▼腱板断裂78▼薬剤師の皆様へ17▼ふわりポケ活9▼認知症19▼心と体のケア3
タイトルとURLをコピーしました