2024-01

抗菌薬・感染症

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「アモキシシリンの出番はこれだ!」

アモキシシリンの出番はこれだ! 以下の文章は、岩田健太郎 先生 著書「抗菌薬の使い方、考え方」などを参考にしています。 ペニシリンは、細菌の細胞壁合成を阻害して抗菌作用を示す薬です。 ペニシリン系抗菌薬には、天然ペニシリン(バイシリンG®)...
抗菌薬・感染症

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「抗菌薬を理解しよう、微生物のグラム染色による分類とは?」

抗菌薬を理解しよう、微生物のグラム染色による分類とは? 以下の文章は、岩田健太郎 先生 著書「抗菌薬の考え方、使い方」、藤本卓司 先生 著書「感染症レジデントマニュアル」などを参考にしています。 抗菌薬を詳しく知るために、避けては通れない道...
薬剤師の皆様へ

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「第二世代抗アレルギー薬を、自動車の運転について3つに分けて」

第二世代抗アレルギー薬を、自動車の運転について3つに分けて 以下の文章は、各薬剤の添付文書を参考にしています。 第二世代抗アレルギー薬とは、ヒスタミンH1受容体を拮抗することでアレルギー症状を抑える薬のことです。 第一世代と比べて、眠気や口...
小児科

【心と体のケア】▶「小さなお子さんへのお薬の飲ませ方について詳しく知りたい」

小さなお子さんへのお薬の飲ませ方について詳しく知りたい 以下の文章は、「小さなお子さんへのおくすりの飲ませ方ガイド」独立行政法人 国立成育医療センター薬剤部長 石川 洋一 先生監修の記事などを参考にしています。 お子さんの年齢や好みによって...
薬剤師の皆様へ

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「カフコデ錠、フスタゾール錠、メジコン錠、レスプレン錠の中で一番強い咳止めは?」

カフコデ錠、フスタゾール錠、メジコン錠、レスプレン錠の中で一番強い咳止めは? 以下の文章は、近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科医 倉原 優 先生の記事などを参考にしています。 カフコデ錠®、フスタゾール錠®、メジコン錠®、レスプレン錠®は今...
心と体のケア

【心と体のケア】▶「味覚異常に用いる漢方薬などを詳しく教えて」

味覚異常に用いる漢方薬などを詳しく教えて 以下の文章は、各薬剤の添付文書、薬剤師・中医師 幸井俊高 先生、金沢医科大学 主任教授 三輪高喜 先生の記事などを参考にしています。 味覚異常に用いる漢方薬 原因や症状によって異なりますが、一般的に...
心と体のケア

【心と体のケア】▶「補中益気湯や当帰芍薬散が耳鼻咽喉科から処方されているのは何故?」

補中益気湯や当帰芍薬散が耳鼻咽喉科から処方されているのは何故? 以下の文章は、仙塩利府病院 耳鼻咽喉科(耳科手術センター) 小林 俊光 先生、陣内耳鼻咽喉科クリニック 陣内 賢 先生の記事などを参考にしています。 補中益気湯 補中益気湯は漢...
抗菌薬・感染症

【心と体のケア】▶「帯状疱疹(ヘルペス)と予防接種について詳しく教えて」

帯状疱疹(ヘルペス)と予防接種について詳しく教えて 以下の文章は、GSKメーカーパンフレット愛知医科大学 皮膚科学講座 教授 渡辺大輔 先生の記事などを参考にしています。 帯状疱疹とは 水痘(すいとう)・帯状疱疹(ヘルペス)ウイルスによって...
抗菌薬・感染症

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「クラリスロマイシンを極めよう!」

クラリスロマイシンを極めよう! 以下の文章は、各薬剤の添付文書、「抗菌薬の考え方、使い方」岩田健太郎 先生著書、「薬物治療コンサルテーション 妊娠と授乳」(南山堂)などを参考にしています。 アジスロマイシン(ジスロマック®)とクラリスロマイ...
心と体のケア

【心と体のケア】▶「カルボシステインが他の去痰薬より優れている点を知りたい」

カルボシステインが他の去痰薬より優れている点を知りたい 以下の文章は、ひまわり医院 呼吸器内科 伊藤大介 先生の記事などを参考にしています。 痰は本来「異物が気道に侵入した際に外に出しやすくする」ために作られる物質です。 異物はウイルスや花...