▶「スマホが睡眠に良くない理由ベスト10」

生活習慣改善
スマホが睡眠に良くない理由ベスト10

スマートフォンを寝る前に使用することが睡眠に良くないとされる理由はいくつかあります。

そのベスト10と代わりに行うべき行動のヒントをまとめました。

寝る前のスマホが良くない理由を10項目ご紹介します。

1. ブルーライトの影響

スマホの画面から発せられるブルーライトは、

入眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制し、睡眠の質を低下させる可能性があります。

2. 脳の覚醒

スマホを操作することは脳を刺激し、覚醒状態を維持するため、寝付きが悪くなることがあります。

 

3. 寝室の環境

寝室でスマホを使う習慣があると、脳が寝室を覚醒する場所と誤認識し、睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

4. ストレスの増加

SNSやニュースなどのコンテンツによってストレスを感じることがあり、それが睡眠に影響を与えることがあります。

 

5. 過度な刺激

ゲームや動画などの刺激的なコンテンツは、心拍数や興奮状態を高め、リラックスして眠ることを困難にします。

 

6. 睡眠環境の乱れ

スマホの使用は、寝室を暗く静かな睡眠環境とすることを妨げます。

 

7. 睡眠リズムの乱れ

夜遅くまでスマホを使用することで、自然な睡眠リズムが乱れ、睡眠の質が低下することがあります。

 

8. 目の疲労

スマホの画面を長時間見ることは目の疲労を引き起こし、それが睡眠に悪影響を及ぼすことがあります。

 

9. 身体的不調

スマホを長時間使用する姿勢は、首や肩の痛みを引き起こし、それが睡眠の妨げになることがあります。

 

10. 睡眠中の中断

睡眠中に通知音やバイブレーションによって目覚めることがあり、睡眠の連続性が損なわれます。

 これらの理由から、質の良い睡眠を得るためには、寝る前のスマートフォンの使用を控えることが推奨されています。

特に、就寝前の1時間はスマホを避け、リラックスできる活動に時間を割くことが良いでしょう。


寝る前のスマホ使用を減らすために、以下の代替方法を試してください。

これらはリラックス効果があり、睡眠の質を向上させることができます。

 1. オーディオブックを聴く

プロが本を朗読してくれるオーディオブックは目を休めながらリラックスできます。

Audibleやaudiobook.jpなどのサービスを利用して、寝る前に聴いてみてください。

 

2. 紙の日記を書く

1日を振り返りながら紙に日記を書くことで、幸福感が高まります。

 

3. 紙の本を読む

スマホではなく紙の本を読むことでリラックスでき、気持ちよく眠れます。

 

4. ストレッチやヨガをする

軽めのストレッチやヨガで体をほぐすことでリラックス効果があります。

 

5. マインドフルネス瞑想をする

「今ここ」に集中するマインドフルネス瞑想は、リラックスに効果的です。

 

6. 落ち着いた音楽を聴く

クラシックやジャズなどの音楽を聴くことでリラックスできます。

 

7. 何もしない

究極の方法ですが、何もせずにリラックスすることで心身ともに休まります。

素敵な朝の目覚めについて私の過去ブログを参考にしてください↓

▶「朝の目覚めを快適にするベスト10」
朝の目覚めを快適にするベスト10 朝起きるのが難しい時に試すことができる効果的な対処法を10個ご紹介します。 以下の方法を試して、朝の目覚めをより良いものにしてみてください。 また睡眠のサイクルや病気の影響について少しお話します。 朝の目覚めを快適にするベスト10 1. 太陽の光を浴びる 朝一番に太...

 これらの方法を試して、あなたに合った寝る前の過ごし方を見つけてください。


私は、寝る前にどうしてもスマホが気になってしまい、アラーム代わりにも使っています。

その結果、夜ふかしすることが多いので、共感される方は是非今回の方法を試してください。

質の良い睡眠は、きっと健康寿命をのばしてくれると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

参考資料

【医師監修】寝る前のスマホ操作には要注意!睡眠に与える影響やおすすめの使い方など解説https://nell.life/wenell/2773/

やめられない!寝る前にスマホの代わりに過ごす方法教えます  https://nemuken.com/nerumae_sumaho_kawari/.

【寝る前のスマホ 何分前?】睡眠の質を向上させる方法を知ろう  https://www.yasashi-nemuri.com/smartphone-before-bed/.

タイトルとURLをコピーしました