▶「2024年の今、長生きするための行動ベスト10」

生活習慣改善
2024年の今、長生きするための行動ベスト10
高齢化が進んでいる日本ですが、健康的に長生きする(健康寿命)ために行ってほしい10項目をまとめました。
さらに定期的な運動習慣のヒントを書いたので日常の参考にしてください。

長生きするために取り組むべき行動とその理由のベスト10は以下の通りです。

1. 健康的な食生活

心臓病や糖尿病などのリスクを減らし、全体的な健康を維持します。

 

2. 定期的な運動

心血管の健康を促進し、筋力を維持し、ストレスを軽減します。

下に運動習慣を作るヒントをまとめています。

 

3. 禁煙

肺がんや心臓病のリスクを減らし、全体的な寿命を延ばします。

 

4. 社会的つながり

孤独感を減らし、精神的な健康をサポートします。

 

5. 薬の数を減らす

特に高齢者における多剤服用(ポリファーマシー)は、健康リスクを高める可能性があります。

多剤服用は、薬の相互作用や副作用のリスクを増加させます。

転倒や認知機能の低下などの問題を引き起こすことがあります。

 

6. 良質な睡眠

記憶力や集中力を高め、日中のパフォーマンスを向上させます。

 

7. 適量の飲酒

アルコールによる健康リスクを減らし、適度な消費は心血管の健康に良い影響をもたらす可能性があります。

 

8. ストレスの管理

心身の健康を保ち、慢性疾患のリスクを減らします。

 

9. 地べたに座る生活

筋力を維持し、転倒リスクを減らすことで、高齢になっても自立した生活を送ることができます。

 

10. ポジティブな考え方

メンタルヘルスを向上させ、ストレスやうつ病のリスクを減らします。

これらの行動は、健康的なライフスタイルを促進し、長生きにつながる可能性があるとされています。

毎日の小さな習慣が積み重なって、長い目で見たときの健康と寿命に大きな影響を与えることを忘れずに、

今日からでもこれらの行動を始めてみてください。

健康は一日にしてならず、日々の努力が大切です。


定期的な運動習慣を作るために。

以下の方法を試してみてください。

これらは効果的で、無理なく運動の習慣化できるアプローチです。

1. 短時間の運動からスタートする

まずは短い時間でも構いません。

毎日の生活の中でできる範囲から始めましょう。

例えば、お風呂上りや寝る前のストレッチを試してみるのも良いです。

 

2. 週に1回、朝活する

朝の時間を利用して運動をすることで、一日のエネルギーをアップさせることができます。

少なくとも週に1回は朝に運動を取り入れてみてください。

 

3. 運動する曜日を決めずに頻度だけ決める

曜日を気にせず、週に何回運動するかを決めてみてください。

柔軟にスケジュールを調整できます。

 

4. できるだけ移動時間を作らない

通勤や買い物、散歩などの際に積極的に歩くことを意識してください。

日常の動きを運動に活かすことができます。

 

5. 他人を巻き込む

仲間と一緒に運動することで、モチベーションを高めることができます。

一緒に運動する日時を約束してみてください。

 

6. 「休む」の概念を変える

完璧主義にならず、少しずつでも続けることを重視しましょう。

運動を休むことも大切ですが、過度に自分を責めないようにしましょう。


今回のテーマは基本であり、根幹でもある「健康寿命」を取り扱っています。

すでに実践している方が多いと思いますが、今一度見直してほしい内容です。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

参考資料 

 寿命が最大24年延びる!? 長生きするための8つの習慣が新研究  https://www.harpersbazaar.com/jp/beauty/health-food/a44745704/study-8-habits-add-years-to-life-life-span-230808-lift1/.

保険薬局調剤データベースを用いた多剤服用の実態調査https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsgp/3/3/3_56/_pdf/-char/ja

タイトルとURLをコピーしました