【心と体のケア】▶「モンテルカストについて詳しく知りたい」

小児科
モンテルカスト(錠、チュアブル、細粒)について詳しく知りたい
以下の文章は、各薬剤の添付文書などを参考にしています。

モンテルカストは、気管支喘息アレルギー性鼻炎の治療に使用される医療用医薬品です。

以下に詳細を説明します。

 モンテルカスト錠10mg

モンテルカストは、アレルギー反応を抑える成分です。

ロイコトリエンという体内物質の働きを強力に抑え、気道過敏性の亢進を抑え、喘息の発作が起こりにくくなります。
鼻の粘膜で起こるアレルギー症状にも有効です。

 即効性はあまりないため、自己判断で服薬を止めないようにしてください。

長期的な服薬により十分な効果を発揮します。

重症の喘息に関しては単独で用いず、吸入ステロイド薬と併用する必要があります。

 モンテルカストは、肺や気管支のアレルギー反応を抑えるため、慢性の方では定期的に服用することが重要です。

モンテルカストは基本的に1日1回寝る前に飲む薬です。

寝る前に飲む大きい理由は、ぜんそくが一番悪化しやすい早朝に最も効果が出るようにするためです。

医師の指示に従って正しく服用してください。


モンテルカストチュアブル錠5mg

通常、6歳以上の小児にはモンテルカストとして5mgを1日1回就寝前に経口投与します。
チュアブル錠とは錠剤の一種で、口腔内で舐めたり噛み砕いて服用する薬で、咀嚼錠(そしゃくじょう)ともいわれます。

チュアブル (chewable)とは、主に「噛むことができる」と訳されます。

体重による服薬量の調節がなく、そのまま飲み込んでも構いません。

モンテルカストチュアブル錠5mgの2錠は、モンテルカスト錠10mgの1錠と生物学的に同等でなく、代替えできません。


モンテルカスト細粒4mg

1歳以上6歳未満の小児に対しては、モンテルカスト細粒4mgを1日1回就寝前に投与します。

 モンテルカスト細粒は、甘さは控えめで、後味に苦みなどは感じないとされています。

舌触りに少しザラザラ感があるものの、溶けやすいです。

モンテルカスト細粒をうまく飲むためのポイント

光に弱いため、アルミパックを開封したら、すぐに(15分以内)に1包全部を飲ませてください。

直接口に入れるか、スプーンなどにとって飲ませることができます。

口の中にくすりが残った場合は、水などの飲み物を飲ませてください。

ヨーグルト、バニラアイスクリーム、ゼリーなど、お子さまが好む食べ物や飲み物と混ぜて飲むことができます。

モンテルカストについて、私の過去ブログも参考にしてください↓

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「ビラノア錠とモンテルカスト錠は、一緒に寝る前に飲んでもいいの?」
ビラノア錠とモンテルカスト錠は、一緒に飲んでもいいの? ビラノア錠はヒスタミンH1受容体拮抗薬でモンテルカスト錠はロイコトリエン受容体拮抗薬であり、併用することはよくあります。 今日は、この2つの拮抗薬のポイントをまとめます。 ヒスタミンH1受容体とロイコトリエン受容体は、アレルギー反応において重要...

先発薬品の「シングレア®」「キプレス®」が全盛期だった頃、慢性気管支喘息の患者さまに処方する薬だと思っていました。

今は、アレルギー性鼻炎、風邪を引いたあとの咳喘息にもよく処方されている気がします。

お子様が飲みにくいと言われた経験はなく、

チュアブルタイプや細粒の味はどのメーカー品でも美味なのかなと感じています。

飲んですぐに効く薬ではないことを説明する必要がありますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました