【心と体のケア】▶「副鼻腔炎の知識と適切な食事療法を知りたい!」

耳鼻咽喉科
副鼻腔炎の知識と適切な食事療法を知りたい!
以下の文章は、医療法人あだち耳鼻咽喉科 院長 安達一雄 先生のホームページなどを参考にしています。

副鼻腔炎は、副鼻腔に炎症が起きた状態で、その大半はウイルスまたは細菌の感染かアレルギーによって引き起こされます。

 

今回は、副鼻腔炎の知識を整理し、食事療法を含めてお話します。

  1. 副鼻腔炎の知識
      1. 副鼻腔は4か所あり、それぞれ上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞という骨に囲まれた空洞です。
      2. 粘膜が腫れて鼻水が流れにくくなり、鼻水が粘り気を帯びたり、後鼻漏が発生したりします。
      3. 頭痛や顔面痛、鼻ポリープ(鼻茸)、咳や痰、嗅覚障害などの症状も現れます。
  2.  副鼻腔炎は、急性と慢性の2つのタイプに分かれます。
      1. 急性副鼻腔炎は発症から4週間以内で、鼻風邪と診断されます。
      2. 多くの場合、適切な治療により副鼻腔に溜まった膿が鼻腔に流れ排出され、症状が改善します。
      3. 放置したり適切に治療しなかったりすると、炎症が悪化ます。
      4. 副鼻腔と鼻腔がつながっている部分が腫れ、副鼻腔に溜まった膿が排出されにくくなることがあります。
      5. 一般的に3ヶ月以上症状が続く場合は慢性副鼻腔炎と診断され、長期的な治療が必要です。
      6.  副鼻腔炎は合併症を引き起こすこともあります。
      7.  副鼻腔炎の検査には鼻鏡や内視鏡による検査、レントゲンやCT、MRI検査、細菌検査があります。
  3. 主な急性副鼻腔炎の原因菌
      1. 早めの診断と適切な抗菌薬治療が重要です。
      2. 抗菌薬については私の過去ブログを参考にしてください↓
  4. 副鼻腔炎の自宅でのケア方法をいくつかご紹介します。
      1. 副鼻腔炎の症状が重い場合は、必ず耳鼻咽喉科の医師の治療を受けて下さい。
    1. 1. 鼻うがい
      1. 鼻うがい専用の洗浄器と洗浄液を使って、鼻の中の粘膜に付着した細菌、ウイルス、ハウスダスト、ホコリなどを洗い流すことができます。
      2. 花粉症対策や風邪予防にも効果的です。
    2. 2. 副鼻腔を温める
      1. タオルを水で濡らして1~2分程度電子レンジで加熱すると、簡単に蒸しタオルを作ることができます。
      2. これにより、鼻粘膜の腫れを抑える効果があります。
    3. 3. 休息と睡眠
      1. 休息と十分な睡眠を取り、身体の抵抗力を高めましょう。
      2. 副鼻腔炎や蓄膿症の自然治癒には、食事が重要な役割を果たします。
  5. 以下に、副鼻腔炎に良いとされる食材と栄養素を紹介します。
      1. 医師の指示に従い、適切な食事を摂ることをお勧めします。
    1. 1. なた豆(なたまめ)
      1. カナバニンやコンカナバリンAという成分を含み、膿の排出や抗炎症効果が期待されています。
      2. なた豆茶として摂取できます。
    2. 2. たんぱく質
      1. 体温を上げ、基礎代謝を促進するために良質のたんぱく質を摂取しましょう。
      2. 大豆、鳥のササミ肉、赤身の肉、白身魚などが選択肢です。
    3. 3. ビタミンA
      1. 粘膜を修復し強化するビタミンAを含む食材として、人参、モロヘイヤ、赤ピーマン、小松菜、パセリなどがあります。
    4. 4. ビタミンB
      1. 細胞の再生を促すビタミンBを摂取し、粘膜部の代謝を上げましょう。
      2. 豆類、ぬか漬け、玄米、卵などが選択肢です。
    5. 5. ビタミンC
      1. 抗酸化作用があり、免疫力を向上させるビタミンCを含む食材として、レモン、いちご、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。
    6. 6. ビタミンE
      1. 抗酸化作用が高く、免疫力を高めるビタミンEを含む食材として、ナッツ類、アボカド、大豆などがあります。
    7. 7. ムチン
      1. 粘膜を強化する成分で、モロヘイヤ、オクラ、納豆などが含まれています。
    8. 8. サポニン
      1. 免疫力向上や脂肪代謝促進に効果的なサポニンを含む食材として、ごぼう、大豆、高麗人参などがあります。

副鼻腔炎の知識

副鼻腔は4か所あり、それぞれ上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞という骨に囲まれた空洞です。

粘膜が腫れて鼻水が流れにくくなり、鼻水が粘り気を帯びたり、後鼻漏が発生したりします。

頭痛や顔面痛、鼻ポリープ(鼻茸)、咳や痰、嗅覚障害などの症状も現れます。


 副鼻腔炎は、急性と慢性の2つのタイプに分かれます。

急性副鼻腔炎は発症から4週間以内で、鼻風邪と診断されます。

多くの場合、適切な治療により副鼻腔に溜まった膿が鼻腔に流れ排出され、症状が改善します。

放置したり適切に治療しなかったりすると、炎症が悪化ます。

副鼻腔と鼻腔がつながっている部分が腫れ、副鼻腔に溜まった膿が排出されにくくなることがあります。

一般的に3ヶ月以上症状が続く場合は慢性副鼻腔炎と診断され、長期的な治療が必要です。

 副鼻腔炎は合併症を引き起こすこともあります。

中耳炎に注意が必要であり、放置せずに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

 副鼻腔炎の検査には鼻鏡や内視鏡による検査、レントゲンやCT、MRI検査、細菌検査があります。


主な急性副鼻腔炎の原因菌

インフルエンザ菌(グラム陰性桿菌
肺炎球菌(グラム陽性球菌
黄色ブドウ球菌(グラム陽性球菌
連鎖球菌(グラム陽性球菌

早めの診断と適切な抗菌薬治療が重要です。

抗菌薬については私の過去ブログを参考にしてください↓

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「慢性副鼻腔炎によく使われる抗菌薬を学ぼう」
慢性副鼻腔炎によく使われる抗菌薬を学ぼう 以下の文章は、「抗菌薬の考え方、使い方」岩田健太郎 先生の著書などを参考にしています。 慢性副鼻腔炎によく使われる抗菌薬 ①マクロライド系抗菌薬 慢性副鼻腔炎の薬物治療の中心となる抗菌薬です。 クラ...

副鼻腔炎の自宅でのケア方法をいくつかご紹介します。

副鼻腔炎の症状が重い場合は、必ず耳鼻咽喉科の医師の治療を受けて下さい。

1. 鼻うがい

鼻うがい専用の洗浄器と洗浄液を使って、鼻の中の粘膜に付着した細菌、ウイルス、ハウスダスト、ホコリなどを洗い流すことができます。

花粉症対策や風邪予防にも効果的です。

 

2. 副鼻腔を温める

タオルを水で濡らして1~2分程度電子レンジで加熱すると、簡単に蒸しタオルを作ることができます。

これにより、鼻粘膜の腫れを抑える効果があります。

 

3. 休息と睡眠

休息と十分な睡眠を取り、身体の抵抗力を高めましょう。

これらのセルフケア方法を試して、症状の改善を目指してください。

 


副鼻腔炎の食事療法について。

副鼻腔炎や蓄膿症の自然治癒には、食事が重要な役割を果たします。

以下に、副鼻腔炎に良いとされる食材と栄養素を紹介します。

医師の指示に従い、適切な食事を摂ることをお勧めします。

1. なた豆(なたまめ)

カナバニンやコンカナバリンAという成分を含み、膿の排出や抗炎症効果が期待されています。

なた豆茶として摂取できます。

 

2. たんぱく質

体温を上げ、基礎代謝を促進するために良質のたんぱく質を摂取しましょう。

大豆、鳥のササミ肉、赤身の肉、白身魚などが選択肢です。

 

3. ビタミンA

粘膜を修復し強化するビタミンAを含む食材として、人参、モロヘイヤ、赤ピーマン、小松菜、パセリなどがあります。

 

4. ビタミンB

細胞の再生を促すビタミンBを摂取し、粘膜部の代謝を上げましょう。

豆類、ぬか漬け、玄米、卵などが選択肢です。

 

5. ビタミンC

抗酸化作用があり、免疫力を向上させるビタミンCを含む食材として、レモン、いちご、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

 

6. ビタミンE

抗酸化作用が高く、免疫力を高めるビタミンEを含む食材として、ナッツ類、アボカド、大豆などがあります。

 

7. ムチン

粘膜を強化する成分で、モロヘイヤ、オクラ、納豆などが含まれています。

 

8. サポニン

免疫力向上や脂肪代謝促進に効果的なサポニンを含む食材として、ごぼう、大豆、高麗人参などがあります。

これらの食材は、副鼻腔炎を完全に予防するものではありません。

バランスよく摂りながら、副鼻腔炎の症状を和らげることを目指しましょう。


副鼻腔炎の患者さまの表情を見ていると、とっても辛そうです。

薬の長い説明をしてはいけないのかなと感じます。

再発されている方が多く、なんとか助けてあげたいと思うのですが、なかなかいい方法が思いつきません。

今回は、症状が楽になる方法をいくつか調べました。

少しでも副鼻腔炎で悩んでいる皆様の支えになれば本望です。

以上、ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました