【心と体のケア】▶「耳鳴りについて詳しく知りたい!」

心と体のケア
耳鳴りについて詳しく知りたい!
以下の文章は、九州大学病院耳鼻咽喉科·頭頭部外科 講師 村上 大輔 先生監修の記事などを参考にしています。

耳鳴りとは、実際には音がないのにもかかわらず、耳の中で

「キーン」「ピー」「サー」といった高い音

「ゴー」「ジー」といった低い音が聞こえてしまう症状のことを指します。

耳鳴りで聞こえる音の大きさや、鳴り続ける時間などは、個人によってばらつきがあります。

また、人によっては肩こり・めまい・頭痛などの症状を併発するケースもあるようです。


耳鳴りの原因

  1. 耳鳴りの原因はさまざまですが、大きく分けて以下の5つに分類できます。
    1.  耳の病気
      1. 内耳や中耳に何らかの障害があるときに発生しやすくなります。
      2. 例えば、突発性難聴、メニエール病、中耳炎、聴神経腫瘍などがあります。
      3. 耳硬化症:中耳の骨が硬くなると聴力に影響を与え、耳鳴りを引き起こすことがあります。
      4. 内耳の筋肉のけいれん:内耳の筋肉が緊張して (けいれん)、耳鳴りのほか、難聴、耳閉感が生じることがあります。
      5. 顎関節障害:耳の前の両側にある関節である顎関節に問題があると、耳鳴りを引き起こす可能性があります。
      6. 頭、首の腫瘍も耳鳴りを引き起こす可能性があります。
    2. 脳の病気
      1. 脳が「聞こえ」を補おうと、過敏になって起こることもあります。
      2. 例えば、片頭痛、脳卒中、脳腫瘍などがあります。
      3. 聴神経腫またはその他の頭頸部腫瘍:聴神経腫は、脳から内耳に至る脳神経に発生する良性の腫瘍で、耳鳴りを引き起こします。
    3. 心の病気
      1. ストレスや疲労によって自律神経が乱れた結果、耳鳴りが起こることがあります。
      2. 例えば、うつ病、自律神経失調症などがあります。
      3. ストレスや疲れを感じると自律神経が乱れ、体を活発にする交感神経が優位に働きます。
      4. これにより、血管が収縮し、耳周辺の血流が悪くなるため耳鳴りが現れやすくなります。
      5. ストレスや疲れが原因の耳鳴りは、「キーン、ピーン」といった金属音や電子音のような高い音を感じたり、同時に肩も凝る傾向があります。
    4. 大きな音を聞き続ける
      1. 内耳にある蝸牛(かぎゅう)とよばれる聴覚を司る器官が損傷を受けて、耳鳴りがしたり、音が聞こえにくくなったりします。
    5. 加齢
      1. 加齢は難聴の要因と考えられています。
      2. これは、音を感じ取る有毛細胞が、加齢にともない減少するためです。
      3. 有毛細胞は再生しません。
      4. 早めに耳鼻咽喉科を受診すれば、加齢性難聴(老人性難聴)の進行を遅らせる可能性があります。
  2. 耳鳴りの治療法
    1. 薬物療法
      1. ステロイド剤や血管拡張剤などを用いて、内耳の炎症や血流障害を改善することがあります。
      2. 末梢血管の循環を改善する「カルナクリン」、神経細胞の修復を促す「メチコバール」、内耳の循環を改善する「アデホス」が処方されることがあります。
    2. 音響療法
      1. 耳鳴りの音に似た白色雑音や自然音などを聞くことで、耳鳴りの音を和らげることがあります。
    3. 心理療法
      1. 耳鳴りに対する不安やストレスを軽減することで、耳鳴りの症状を改善することがあります。
    4. 手術
      1. 耳鳴りの原因が聴神経腫瘍や外リンパ瘻などの場合には、手術によって腫瘍や穴を除去することがあります。
  3. 耳鳴りの予防法
      1. 大きな音を聞きすぎないようにする
      2. ストレスや疲労を溜めないようにする
      3. 規則正しい生活を送る
      4. 高血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防する
      5. 耳の病気になったら早めに治療する

耳鳴りの原因はさまざまですが、大きく分けて以下の5つに分類できます。

 耳の病気

内耳や中耳に何らかの障害があるときに発生しやすくなります。

例えば、突発性難聴、メニエール病、中耳炎、聴神経腫瘍などがあります。

突発性難聴による耳鳴りは、難聴で音が聞こえにくくなることが原因で起こります。この場合、聞こえにくさを補うために脳が過剰に反応して電気信号を増幅し、耳鳴りを引き起こすと考えられています。耳鳴りが起こるようになったら、耳鼻咽喉科の医療機関にて医師の診察、聴力検査を受けます。

メニエール病による耳鳴りは、内耳の異常な圧力によって引き起こされます。

耳硬化症:中耳の骨が硬くなると聴力に影響を与え、耳鳴りを引き起こすことがあります。

内耳の筋肉のけいれん:内耳の筋肉が緊張して (けいれん)、耳鳴りのほか、難聴、耳閉感が生じることがあります。

顎関節障害:耳の前の両側にある関節である顎関節に問題があると、耳鳴りを引き起こす可能性があります。

頭、首の腫瘍も耳鳴りを引き起こす可能性があります。

脳の病気

脳が「聞こえ」を補おうと、過敏になって起こることもあります。

例えば、片頭痛、脳卒中、脳腫瘍などがあります。

聴神経腫またはその他の頭頸部腫瘍:聴神経腫は、脳から内耳に至る脳神経に発生する良性の腫瘍で、耳鳴りを引き起こします。

 

心の病気

ストレスや疲労によって自律神経が乱れた結果、耳鳴りが起こることがあります。

例えば、うつ病、自律神経失調症などがあります。

ストレスや疲れを感じると自律神経が乱れ、体を活発にする交感神経が優位に働きます。

これにより、血管が収縮し、耳周辺の血流が悪くなるため耳鳴りが現れやすくなります。

ストレスや疲れが原因の耳鳴りは、「キーン、ピーン」といった金属音や電子音のような高い音を感じたり、同時に肩も凝る傾向があります。

 

大きな音を聞き続ける

内耳にある蝸牛(かぎゅう)とよばれる聴覚を司る器官が損傷を受けて、耳鳴りがしたり、音が聞こえにくくなったりします。

 

加齢

加齢は難聴の要因と考えられています。

これは、音を感じ取る有毛細胞が、加齢にともない減少するためです。

有毛細胞は再生しません。

早めに耳鼻咽喉科を受診すれば、加齢性難聴(老人性難聴)の進行を遅らせる可能性があります。


耳鳴りの治療法

原因によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

薬物療法

ステロイド剤や血管拡張剤などを用いて、内耳の炎症や血流障害を改善することがあります。

末梢血管の循環を改善する「カルナクリン」、神経細胞の修復を促す「メチコバール」、内耳の循環を改善する「アデホス」が処方されることがあります。

 

音響療法

耳鳴りの音に似た白色雑音や自然音などを聞くことで、耳鳴りの音を和らげることがあります。

 

心理療法

耳鳴りに対する不安やストレスを軽減することで、耳鳴りの症状を改善することがあります。

 

手術

耳鳴りの原因が聴神経腫瘍や外リンパ瘻などの場合には、手術によって腫瘍や穴を除去することがあります。


耳鳴りの予防法

耳鳴りの予防法としては、以下のようなことが挙げられます。

大きな音を聞きすぎないようにする

ストレスや疲労を溜めないようにする

規則正しい生活を送る

高血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防する

耳の病気になったら早めに治療する


耳鳴りは、放置すると生活に支障をきたすこともあります。

もし耳鳴りの症状が気になる場合は、耳鼻咽喉科に受診してみてください。

私も夜寝る前に「キーン」と響く高音の耳鳴りが両耳にあります。

「加齢かな」と思いあきらめていますが、今回詳しく調べたので、いい治療法があれば試みたいと思います。

 以上、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました