【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「入院前日の荷物まとめ」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活

「入院前日の荷物まとめ」

ネットで調べて、必要な荷物を用意しました。

最初は、大きなボストンバッグ1つに入れていましたが、妻からの助言で、もう少し小さいバッグ3つに分けました。

これは正解でした!

入院部屋に大きなボストンバッグを入れる場所はなく、手術後、左手だけではとても持てません。

下着、パジャマ、タオルなど分類するためにも、小分けしたほうがいいです。


真夏の入院だったので、日中の窓際は暑く、ポータブル扇風機があると良いです。

手持ちできるタイプで十分です。


睡眠時、痛みを和らげるために右肩の下に置く、

縦∶横∶高=10∶30∶10(cm)位のクッションを持参しました。

枕替わりにもなり重宝しました。

なければタオルを重ねて置いても良いです。


寝返りできないため、ベッドで同じ体勢が続くとお尻や腰が痛くなってきます。

そのため「低反発座布団」を置いていました。

これはかなり楽でしたね。安価なもので良いと思います。


ストロー、フタ付きコップ「ぐい飲み(吸い飲み)」は手術直後、手や身体が不自由であり必需品です。

病院の売店で購入できます。


携帯は、できればギガの使い放題が良いです。

私はギガの増量で対応して、ギガを使い切ったあと低速でYou Tubeなどを見ていました。

「案外見れるな」と感じましたね。

Wi-Fiが使える入院部屋は、まあないと思います。


コンセントからの延長用の電源コードは必需品です。

できれば、電源プラグとUSBが両方させるタイプがオススメです。


看護師さんやスタッフさんは、ベッドサイドの状態をしっかり見ています。

お菓子やカッターなど明らかに不要なものは没収されます。


このあたりが入院直前のアドバイスです。

タイトルとURLをコピーしました