【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「ついに手術当日の朝」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活

「ついに手術当日の朝」

2022.7中旬

朝一番の手術です。①番手術室でした。

手術室へ付き添いの病棟看護師さんとともに徒歩で向かいました。

震えるほど緊張しながら‥。

廊下で手術室の看護師さんのお出迎えがあり、

「手術初めてですよね」と背中をさすってもらうことで、スーッと気分が楽になりました。

「さすがプロのテクニックだなぁ」

手術ベッドに横たわり、手際よく手術用のガウンに変わりました。

カテーテル(管)の針が、あちこち刺入されます。

ここから程なく、神経ブロックの注射が入ります。

右腕が痺れてきました。

ブロック注射の効果確認のあと、全身麻酔が始まり、

あっ・・・という間に記憶がなくなりました。


手術時間はトータルで5時間半くらいです。

その間、様々な部位に対して手術が行われていたようです。

後で聞いた話ですが…。

「ん?ここはどこ?」

と思い目が覚めたら14時半で、病棟看護師さんが病室で

「起きて下さい!」

と大声で起こしてくれていました。

いつの間にか病室の定位置に戻っています。

挿管していたため喉がヒリヒリして、お茶を「ゴクッ」と飲み込みました。

右腕は「ウルトラスリング」という外転装具でしっかりガードされています。

妻がベッド横に来てくれたとき、「無事終わったんだ」と実感しました。

タイトルとURLをコピーしました