【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「手術翌日は痛みMAXです!」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活

「手術翌日は痛みMAXです!」

この日から痛みとの戦いです。

「痛みは10段階で言うと、どれ位ですか?」と聞かれます。

NRS(Numerical Rating Scale)という、「患者さんが感じている痛み」を数字で評価するための指標です。

NRSは、0〜10 まであり、0は全く痛みなし、10は最高の痛みです

この日は、右肩痛が「10段階の10」。最も痛かった日です。

これから毎日聞かれますが、10はこの日だけでした。

「今日は、まわりの管や線など、外していきましょう」

看護師さんが、テキパキ動きながら言ってくれました。

右肩の痛み以外の体調は問題なく、管や線がどんどん外れました。

残ったのは右肩鎖骨部の管と左腕の留置針だけ。

右肩鎖骨部の管から持続ポンプで痛み止めが注入されています。

左腕の留置針は、もしも熱が上がって抗菌薬を点滴するときのために残しています。

尿道カテーテルを抜かれた時は、また変な感覚がありますね。

看護師さんから「パンツはどれにしますか?」と聞かれて返事に困っていると、

「緑にしましょう」と緑色の目立つパンツを選んでくれました。

自分で取れないので、本当に子供のようです。

すぐには自力で排尿が難しく、膀胱内の残尿を看護師さんに確認してもらう必要がありました。

膀胱内尿量は、下腹部のちょうど膀胱上にあたる部分に、

ゼリーをつけたエコー(超音波)の機械を当てて確認します。

しばらく尿道が痛くてトイレが辛かったですね。

血栓予防のエアーマッサージャーが取れてからは、気がついたら足をこまめに動かすようにしました。

「エコノミー症候群で、深部静脈血栓になったら、また大変なことになる」

と肝に銘じて。

タイトルとURLをコピーしました