【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「大部屋の入院で気をつけたこと」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活
「大部屋の入院で気をつけたこと」

✔ まず「音」に注意

入院初日に荷物整理をしていると、同部屋の方から「何か騒がしいな」と言われて、

それ以来極力「」を静かにするよう気をつけました。

4 人部屋だったのですが、昼夜問わず男性のイビキはすごくて不協和音のように鳴っていて…。

隣の女性部屋からは、うなり、うめき声がよく聞こえます。

この状況で眠るのは私は困難でした。

イヤホンで音楽を聞きながら、夜中に看護師さんが巡回で来たら、手を振ってました。

いつ寝ていたのか、自分でもよく分かっていません。

私も昼にイビキ音を出していたかも…。


✔ 次は「温度」に注意

ベッドごとに空調がありました。日中暑くて温度を下げていても、カーテンから少し冷気が漏れます。

誰かが「」をすると、すぐ空調を切っていました。


✔「光」も気をつけて

夜9時からはベッドの読書灯にし、テレビはなるべく見ないで本を読んでいました。

お陰さまで入院中に本は、10冊以上読んだと思います。

この時にブログに関する本も読んでいました。


✔「財布など貴重品管理」

鍵つきBOXの中に入れ、鍵は腕に巻いてました。

多額の現金は持たないほうがよいでしょう。

1000円札は「テレビカード」のため数枚あると便利です。

ただテレビばかり見ていると、カードの使用料が恐ろしくて…。


✔「薬、携帯、飲み物は手の届く所に」

この3つはよく手に取りました。

私は右腕が使えなかったので、左側にテレビ棚を配置し、そこに置きました。

薬は1回分ずつ配薬してくれます。

個室、二人部屋は「差額ベッド代」が必要です。

長期入院では、かなり大きな負担になりますね。

大部屋で入院する方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました