【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「体重が10kg以上減った」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活

「体重が10kg以上減った」

入院すると食事が規則正しく、カロリーが計算されています。

リハビリ病院では、1日1600kcalから始まり、約1ヶ月後に1日1840kcalに上がりました。

私は、糖尿病のため入院中間食禁止で「自動販売機で買っていいのは、お茶、お水、無糖コーヒーだけ」です。

お茶は給水器で汲めるので無料です。自販機で無糖コーヒーを買って、毎日乗んでました。

売店がなく、外出できないため「おやつ」を買うことは不可能でした。

家では寝る前に小腹が空き、右肩が痛いことも重なり眠れなくて我慢できず、深夜0時以降よく夜食を取っていました。

低血糖でもないのに、食パンをかじったり。さらにビールと多めのナッツが止められず‥‥。

太るのは当たり前ですね。

入院前、身長166㎝で82kgだった体重が、1ヶ月半で70kgになりました。

この体重は、何年ぶりが覚えていません。12kgの減量です。

ひょっとしたら大学生くらいのときの体重のような気がします。35年前に戻ったような気分です。

家では何回も、何回も挫折したダイエットです。

このままの調子なら、67kgくらいまで落ちそうな気がします。

まさに「怪我の功名」で、この体重は維持しないと。

「怪我の功名」とは、災難や過失と思っていたことが、思いがけなくよい結果を生んだときにいう

多くの方によって救われた身体です。

今回の入院で「健康で長生きしたい!」という気持ちが、ますます強くなりました。

このブログのテーマである「健者の見聞録」に繋がっていますね。

タイトルとURLをコピーしました