【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「腕の腱断裂、2週間経って」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活

「腕の腱断裂、2週間経って」

2022.9上旬

右上腕二頭筋長頭腱断裂から2 週間経ちました。

この間、どんな状況だったかと言うと。

まず最初の3〜4日間は、「力こぶ」(上腕二頭筋)が痛くて、肘が自力で曲がりませんでした。

ロキソプロフェンテープを毎日貼ってました。

腕を降ろして脱力すると、痛みは比較的治まります。

肘を完全に伸ばすと、「力こぶ」の辺りにつっぱり感がありました。

これは1週間くらいでなくなりました。

2週間経つと不思議なことに、腕全体的に痛みは感じないです。

「力こぶ」は下に落ち「まん丸」になっています。

特徴的な症状だと思います。「ポパイ筋」と言われる理由ですね。

腕の脱力感、疲労感は強く感じます。

今まで腕を支えていた腱の断裂なので仕方ない。

今後は肩の筋力をつける必要がありそうです。

この頃は、痛み止めを服用することは、ほとんどありませんでした。

炎症を抑え早く治すために、ロキソプロフェン錠など抗炎症作用をもつ薬を定期的に飲むのは、1つの方法だと思います。

詳しくは、MRIなどの画像検査が必要ですね。

この時期は、何もすることがなく退院もできないので、You Tubeを見たり音楽を聞いて気を紛らわすことしかできませんでした。

総合センター受診まで悪化しないように、基本安静にしておきます。

まだまだ右肩完治という長い旅路の序盤ですからね。

タイトルとURLをコピーしました