【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「抗アレルギー薬を整理しよう!」

薬剤師の皆様へ
抗アレルギー薬を整理しよう!
  1. ‎抗アレルギー薬とは
      1. アレルギーの原因となる物質の放出や働きを抑えたり、アレルギーの炎症を抑えたりする薬の総称です。
  2. 抗アレルギー薬は、以下のような種類があります。
    1.  抗ヒスタミン薬
      1. アレルギー反応を引き起こす物質の一つであるヒスタミンの働きを阻害する薬です。
      2. 鼻水やくしゃみ、かゆみなどの症状を緩和します。
      3. 第1世代と第2世代に分けられます。
      4. 第1世代は眠気などの副作用が比較的強くでます。
      5. 第2世代は眠気が出にくく効果が持続する特徴があります。
    2. 第1世代、抗ヒスタミン薬
    3. 第2世代、抗ヒスタミン薬
    4. 抗ロイコトリエン薬
      1. アレルギー反応を引き起こす物質の一つであるロイコトリエンの働きをブロックする薬です。
    5. Th2サイトカイン阻害薬
      1. アレルギーの原因となる免疫反応を調節する物質であるサイトカインの働きを抑える薬です。
      2. アレルギーの予防や長期的な治療に有効です。
    6. 抗トロンボキサンA2薬
      1. アレルギー反応を引き起こす物質の一つであるトロンボキサンA2の働きを阻害する薬です。
      2. 鼻づまりや気管支の収縮の症状を緩和します。
    7. ケミカルメディエーター遊離抑制薬
      1. アレルギー反応を引き起こす物質の放出を抑える薬です。
      2. 鼻水やくしゃみなどの症状を緩和します。
      3. 効果が現れるまでに時間がかかることが多いので、症状が起こる前から早めに服用するか、
      4. 服用している場合は継続して続けることが大切です。
    8. 共有:
    9. いいね:

‎抗アレルギー薬とは

アレルギーの原因となる物質の放出や働きを抑えたり、アレルギーの炎症を抑えたりする薬の総称です。

抗アレルギー薬は、以下のような種類があります。

 抗ヒスタミン薬

アレルギー反応を引き起こす物質の一つであるヒスタミンの働きを阻害する薬です。

鼻水やくしゃみ、かゆみなどの症状を緩和します。

第1世代と第2世代に分けられます。

第1世代は眠気などの副作用が比較的強くでます。

第2世代は眠気が出にくく効果が持続する特徴があります。

第1世代、抗ヒスタミン薬

レスタミン®(ジフェンヒドラミン)

ポララミン®(クロルフェニラミン)

アタラックスP®(ヒドロキシジン)

ピレチア®(プロメタジン)など

 

第2世代、抗ヒスタミン薬

アゼプチン®(アゼラスチン)

アレジオン®(エピナスチン)

アレグラ®(フェキソフェナジン)

アレロック®(オロパタジン)

エバステル®(エバスチン)

クラリチン®(ロラタジン)

ザイザル®(レボセチリジン)

ザジテン®(ケトチフェン)

ジルテック®(セチリジン)

セルテクト®(オキサトミド)

タリオン®(ベポタスチン)

デザレックス®(デスロラタジン)

ビラノア®(ビラスチン)

ルパフィン®(ルパタジン)

 

抗ロイコトリエン薬

アレルギー反応を引き起こす物質の一つであるロイコトリエンの働きをブロックする薬です。

鼻炎や気管支喘息の症状を緩和します。特に鼻閉(鼻づまり)に効果的です。

シングレア®、キプレス®(モンテルカスト)

オノン®(プランルカスト)など

 

Th2サイトカイン阻害薬

アレルギーの原因となる免疫反応を調節する物質であるサイトカインの働きを抑える薬です。

アレルギーの予防や長期的な治療に有効です。

アイピーディ®(スプラタスト)

 

抗トロンボキサンA2薬

アレルギー反応を引き起こす物質の一つであるトロンボキサンA2の働きを阻害する薬です。

鼻づまりや気管支の収縮の症状を緩和します。

バイナス®(ラマトロバン)など

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

アレルギー反応を引き起こす物質の放出を抑える薬です。

鼻水やくしゃみなどの症状を緩和します。

効果が現れるまでに時間がかかることが多いので、症状が起こる前から早めに服用するか、

服用している場合は継続して続けることが大切です。

インタール®(クロモグリク酸ナトリウム)

リザベン®(トラニラスト)

アレギサール®(ペミロラスト)など


以上が、抗アレルギー薬の種類と薬品名についての大きなまとめです。

ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました