【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「再び手術のお願いをすることに」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活
「再び手術のお願いをすることに」

2022.5下旬

総合センターを受診し、肩専門医へ再度手術をお願いしました。

一度は私から手術を断っており優柔不断な態度ですが、

「再来月になりますが、手術しましょう」

先生は快く引き受けてくださいました。

「それまで体調管理をしっかりお願いします

「リハビリは続けておいてください」と。

私の迷いで、手術が1ヶ月半ほど延びました。

仕事に影響がでますし、家計、家族の都合もあります。

後悔しても仕方がありません。

「手術までに、できることは全てやろう」と気持ちを切り替えました。

やることを携帯の「ドキュメント」アプリにまとめていました。

具体的に入院までにすること、作成する書類、リハビリの内容、仕事で上司に伝えることなど、気付いたらメモしていきました。

手術をするとしばらく右手で文字が書けないので、左手で書く練習を始めました。

これは難関で上手く書けませんね。当時、少しだけ書けていたのですが、今はもう右手が使えるため役に立っていません。

ただメモする習慣は身についており、現在も毎日何かを携帯に綴っています。

メモする(入力する)と何故か気持ちが整います。集中することが出来るのです。

これはお勧めです!

このブログを書くきっかけになっています。

私がよく見る You Tuber の医師樺沢紫苑 先生が、毎日の3行日記を勧めています。

たとえ一行でもいいので、今日1日を振り返り付箋、携帯やPCにメモすると、気分が明るくなります。

7月半ばに手術日が決まりました。

右肩の痛みは、消えることなく続いています。

もう絶対悩みません。後悔しません。

タイトルとURLをコピーしました