薬剤師の皆様へ

心と体のケア

【心と体のケア】▶「ロキソニンとカロナールの使い分けを教えて!」

ロキソニンとカロナールの使い分けを教えて! ロキソニンとカロナールは、どちらも痛みや発熱に効果的な薬ですが、使い分けが重要です。 以下にその違いを説明します。 ロキソニン ロキソニンは、成分名ロキソプロフェンナトリウム水和物を含む非ステロイ...
心と体のケア

【心と体のケア】▶「生活習慣病の入院が高齢化により長期化する?」

生活習慣病の入院が高齢化により長期化する? 平均入院期間は下げ止まり? 医療技術の進歩などにより、入院期間は短期化する傾向にあります。 厚生労働省の「2020年患者調査」によると、退院患者の平均在院日数は32.3日。 前回調査(2017年)...
薬剤師の皆様へ

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「実際にあった散薬力価計算の疑義照会」

実際にあった散薬力価計算の疑義照会 今日は、最近あった散薬力価計算を必要とする症例をご紹介します。 ✔ 実際の処方 ①アスベリンドライシロップ2%       2.5g          朝夕食後  7日分 当薬局には、アスベリン散10%し...
心と体のケア

【心と体のケア】▶「医薬品アライ(パート2)、痩せる秘密を公開します」

医薬品アライ(パート2)、痩せる秘密を公開します 医薬品アライを使用する際は、生活習慣の改善に取り組むことが条件です。 アライは内臓脂肪および腹囲の減少を助ける効果がありますが、 これは食事や運動などの生活習慣改善の取り組みを行っている場合...
薬剤師の皆様へ

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「2024年の薬局診療報酬改定における主な変更点10選」

2024年薬局診療報酬改定における主な変更点を10選、変更内容も含めて簡潔にご説明します。 以下の情報は、最新の改定資料に基づいています。 1. 調剤基本料 改定前より3点増加し、薬局の基本的な業務評価が向上しました。 物価高に負けない「賃...
小児科

【心と体のケア】▶「小児で風邪に処方される薬、カルボシステインとアスベリンが多い理由は?」

小児で風邪に処方される薬、カルボシステインとアスベリンが多い理由は? それぞれの薬が持つ特定の作用に基づいています。 先発名ムコダインで知られるカルボシステインという成分は、 ネバネバした気道粘膜の鼻水や痰の粘度を調節して出しやすくする作用...
心と体のケア

【心と体のケア】▶「今話題の内臓脂肪減少薬『アライ』について詳しく知りたい」

今話題の内臓脂肪減少薬「アライ」について詳しく知りたい 以下の文章は、アライ公式ホームページなどを参考にしています。 アライは、大正製薬から発売されている内臓脂肪減少薬です。 対象 18歳以上で、腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の方...
薬剤師の皆様へ

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「ビラノア錠とモンテルカスト錠は、一緒に寝る前に飲んでもいいの?」

ビラノア錠とモンテルカスト錠は、一緒に飲んでもいいの? ビラノア錠はヒスタミンH1受容体拮抗薬でモンテルカスト錠はロイコトリエン受容体拮抗薬であり、併用することはよくあります。 今日は、この2つの拮抗薬のポイントをまとめます。 ヒスタミンH...
小児科

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「抗菌薬クラバモックス細粒について詳しく知りたい!」

抗菌薬クラバモックス細粒について詳しく知りたい! クラバモックス細粒の添付文書、説明書などを参考にしています。 クラバモックス細粒は、小児用の抗生物質で、白色~帯黄白色の粉末ストロベリークリームのフレーバーが特徴です。 この味は多くの小児で...
薬剤師の皆様へ

【薬局薬剤師に知ってほしい事】▶「ステロイドの外用薬と免疫抑制薬、注射薬などについて詳しく教えて」

ステロイドの外用薬と免疫抑制薬、注射薬などについて詳しく教えて アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2021、田辺三菱製薬「ヒフノコトサイト」などを参考にしています。 ステロイド外用剤は、身体に起きる炎症を抑える働きのあるステロイド(副腎皮質ホ...