【肩腱板断裂手術・入院後、再断裂ブログ】▶「手術後2日目を迎えて」

交通事故⇀仕事復帰⇀入院⇀肩腱板手術⇀リハビリ⇀腕の腱断裂⇀闘病生活

「手術後2日目を迎えて」

痛みは、前日に比べ格段に減りました。10段階評価で4程度です。

発熱もなく、手術部位はきれいとのこと。自分では見えません。

術後1週間で転院予定です。

医療ソーシャルワーカー(MSW)の方が来られて、リハビリ病院への転院準備が整いました。

医療ソーシャルワーカー(MSW)とは、病院など医療機関における福祉の専門職。

病気になった患者さまや家族を社会福祉の立場からサポートする人のことを指します。

例えば退院調整は、看護師さんは患者さまの身体状態を中心に判断をしていきます。

MSWは患者さまと家族の関係性や抱えている問題から判断をします。 

「手術が終わって、すぐ転院準備とは段取りが早いなぁ」と率直に思いました。


私が術後右腕につけていた装具「ウルトラスリング」は、肩関節や肩関節周囲の疾患に用いられる装具です。

手指の部分にはテニスボールのようなものがついており、手指をよく動かすように説明を受けていました。

値段は2万円弱。もっと高い物もあるようです。

本日集金がありました。

現金払いしかできない、また腕が不自由なので、予めお金を丁度用意しておくと良いでしょう。

 「領収書」と医師が証明する「装具装着証明書」を添えて「療養費支給申請書(治療用装具)」を会社へ申請することにより、約7割位の金額が戻ってきました。

一時的に収入が激減するので、少しでも貰えるお金は確保したいですね。

タイトルとURLをコピーしました